東洋新薬の職種について(研究開発・生産・品質管理)

東洋新薬では化粧品や健康食品などの多岐に渡る商品の開発と販売を行っていますが、事業として様々な職種があり、そのどの部門でも重要な役割を担っています。そんな東洋新薬の職種の中でも、研究開発・生産・品質管理部門について焦点を当ててご紹介しましょう。

商品開発に密接に結びつく部門

独自の取扱素材にこだわりを持っている東洋新薬では、研究開発部門は必要不可欠な部門でもあります。世界中にある様々な素材の中から、よりニーズに合った素材を見つける素材開発から商品化までのすべてのプロセスに携わる部門でもあり、東洋新薬の原動力にもなっているのではないでしょうか。

国内外において、機能性の高い素材を探し、発見された素材を付加価値の高い原料として育て上げ、学会発表などを通じて発信します。学術的な裏付けでより信頼される高品質な素材の研究開発を進めているのです。

品質にこだわるために重要な部門

生産部門は、品質にこだわりを持っている東洋新薬が最も大切にしている部門と言っても過言ではありません。東洋新薬では、徹底して高品質にこだわり、自社素材はもちろんどんな原料であっても厳しい基準をクリアした素材のみを採用し、高品質かつ安心・安全な商品を開発しているのです。そんな中で、生産管理も重要な役割となります。

様々な商品を製造している東洋新薬では、商品の仕様や特性、納期などを分類し、スケジュールの調整と計画が必須です。原料を収穫し、商品として出荷するまで、生産部門が携わる役割は広範囲となっているのは特徴です。

信頼と責任を担うスペシャリスト

東洋新薬の品質管理部門は、商品の品質を保証し、顧客の信頼と責任を担う部署となっています。そのため、商品一つひとつの品質に自信を持ち、提供するべく厳しい検査を行い、分析し、改善するという工程を繰り返し行っているのです。

最終チェックに至るまで、品質に問題がないかしっかりと見極め、世に送り出すための準備と工場全体品質も守ることが品質管理部門の役割なのです。多方面から見て、より高品質な商品が顧客の手元に届けられるよう、さらなる品質保証を実現するために取り組んでいると言えるでしょう。

東洋新薬は、様々な役割を担う職種がありますが、研究開発・生産・品質管理のそれぞれの部門も非常に重要な部署となっています。品質にこだわる東洋新薬が、顧客に安心して高品質な商品を届けられるよう事業を展開するためには、これらの職種が必要不可欠となっているのです。

東洋新薬の職種について(営業・企画・管理部門)

東洋新薬では、医薬部外品をはじめ、健康食品や化粧品などの様々な商品の研究や開発、販売を行っている企業です。そんな東洋新薬の営業・企画・管理部門の職種はどのようなことを主に行っているのでしょうか。

クライアントのニーズに沿う事業展開

東洋新薬の営業部門では、取引先の事業に合わせて、ニーズに合った新商品や事業をプロデュースするべく提案型の営業を主に行っているのが特徴です。営業部門の拠点としては、東京・大阪・福岡が主となっています。

営業部門は、健康食品や化粧品を販売する会社であればすべて取引可能と考えており、クライアント自身が気付かないようなニーズを発掘し、提案していくよう努めているのです。商品企画から事業開発まで、営業部門では、東洋新薬の事業展開の上で欠かせない部門の1つと言えるでしょう。

企画立案から仕上げまで

企画部門では、営業部門にて決定した商品のコンセプトや特徴、処方などに基づき、パッケージや商品名などの細部までをこだわりながら作成していきます。企画においては、常に新しい商品を提案するべく、変わりゆく市場調査を欠かしません。市場規模や業界動向、企業情報などを収集し、販売企画書を作成するのです。また、販売促進においてポイントとなる臨床実験なども顧客に提供し、販促ツールなどの制作支援も行っています。

管理部門の取り組み

東洋新薬において、管理部門は事業展開で重要な役割を担っています。会社・組織としてのコンプライアンスや財務管理、企業活動における重要な役割によって構成されているのが管理部門で、人事部、法務部、財務・経理部などで構成されています。

人事部は人材育成をはじめ、社員一人ひとりが働きやすい環境と制度づくりや人材戦略なの立案などを行います。企業活動全般において東洋新薬独自の権利を守り、事業が法令などのルールに沿って行われているか管理するのが法務部です。クライアントとの交渉サポートやトラブル解決なども行います。財務・経理部においては、具体的な数値で決算書の作成を行い、企業活動のサポートをする部署となっています。企業として必要不可欠な部門であり、資金管理を中心とした財務業務や税務申告業務など、多岐に渡って管理会計業務を担っているのです。

東洋新薬には様々な職種が存在しますが、そのどれもが企業としての重要な役割を担っていることがわかります。東洋新薬はより高品質で安定性のある商品開発や提供に力を入れていますが、こうした役割を担う人たちがいて初めて実現できるのだと言えるのではないでしょうか。

東洋新薬の自社取扱素材

東洋新薬 自社取扱素材

東洋新薬は、医薬部外品や健康食品、化粧品などの事業を幅広く展開していますが、自社取扱素材にも強いこだわりを持っています。様々な機能性を持ち、オリジナリティのある独自素材を追求し続けることで、他社との差別化を図り、より顧客のニーズに柔軟に応えられるような商品開発を進めているのです。そんな東洋新薬の自社取扱素材についてご紹介します。

東洋新薬の独自素材について

東洋新薬で独自に取り扱っている素材は多岐に渡ります。

■フラバンジェノール

フランス南西部に生育する海岸松の樹脂から抽出している天然由来の素材です。フランスでは医薬品として親しまれてきていますが、近年は食品や化粧品の素材としても高い注目を集めています。フラバンジェノールは、非常に高い抗酸化力を持ち、水溶性が高く熱にも強いことから、食品や飲料、化粧品などの様々な用途に適用できます。

■葛の花エキス

葛の花は日本にも多く生育しており、イソフラボンを多く含んでいます。また血中脂質を下げる働きのあるサポニンも含まれており、様々な商品への採用が見込まれているのです。東洋新薬では、美容と健康を意識する女性向けの健康食品として広く採用しています。

■青汁

東洋新薬の契約農家において農薬不使用で栽培された大麦若葉やすいおう、ケールなどを自社加工しています。原料をそのまま使っているため食物繊維も豊富で、飲みやすいのも特徴です。

自社取扱素材にこだわる理由とは

東洋新薬では、前述したもののほかにも、自然によって育まれた素材の機能性に着目し、様々な機能性素材をオリジナル商品として開発し、顧客に提供しています。多彩な機能性を持つ自然の原料を採用し、より高品質で安定性のある商品開発を進めていくことは、国内外の大学等の研究機関と連携し東洋新薬の研究開発技術や体制を構築するために重要なことであると言えるでしょう。

また、健康と美容に役立つ素材と商品を作り出すことは、顧客に新しい可能性を提供するということにつながります。東洋新薬は、そんな取り組みにこだわりを持ち、独自の自社取扱素材に力を入れているのです。

東洋新薬の自社取扱素材について紹介してきましたが、今回紹介した素材のほかにも、自社取扱素材はまだまだあります。東洋新薬だからこそ、オリジナリティのある安心で高品質な商品の研究・開発・販売へとつながっているのです。今後も人々の健康と美容への追及を進め、さらに効果が期待できる高品質な商品開発が進んでいくことでしょう。