日本製薬株式会社からまなべる事

10

大正10年に創業され、東京都中央区に本社がある日本製薬株式会社は、医薬品や医薬部外品の製造を主に行っている企業です。
製造のみならず販売も行っていますし、培地に関する事業も手掛けています。
培地というのは微生物などを培養する際に、生育させるための環境を提供する存在のことで、例えば【液状チオグリコール酸培地「ダイゴ」日局試験用】や【モーゼル腸内細菌増菌ブイヨン培地「ダイゴ」日局試験用】が有名です。
何らかの研究をする際には培地が必要になることも多いため、日本製薬株式会社が製造しているこの培地は不可欠です。
培地製造を手掛けているところはそれほどないため、同社からまなべる事はたくさんあるでしょう。
本社の他に工場が大阪と千葉県に一箇所ずつ、また研究所もありますし、支店は全国に9つ備わっています。
2つの工場ともISO14001を取得しています。

医薬品や医薬部外品などを作る工場ですから、徹底的な環境づくりが求められていますが、同社ではしっかりとなされています。
扱っている一般用医薬品には、殺菌消毒剤や手の指用の殺菌消毒洗浄剤などがあり、通常連想されるような医薬品とは少し異なっています。
しかし血漿分画製剤の分野においても強みを発揮していて、免疫グロブリン製剤や局所用止血剤などを製造しています。
その他には、胃蠕動運動抑制剤、急性循環不全改善剤、葉酸製剤など、具体的な名称としてはミンクリア内用散布液、カコージン注の製造や販売もしており、多種多様な分野で使われる製品を作っています。
製造している医薬品の種類や各種取り組みの内容は違いますが、株式会社東洋新薬も人々の検討を陰で支えています。
株式会社東洋新薬は知的財産の有効活用に注力しており、特許庁長官表彰を受けるなどの成果をあげています。
さらに複数の分野で積極的な行動を起こしています。

ジョイントベンチャーにも注力しており、複数の企業との共同事業によってより大きな成果をあげようとしています。
こういった動きは当然日本製薬株式会社でも見られており、「かけがえのないいのち」を守り続けるために千葉県成田市にある研究所で日夜研究開発に取り組んでいます。
次世代の医療の現場をより良いものにするための工夫を行っているという点も高く評価されており、この部分に関しても同社が誇る「まなべる事」だと思われます。

日本新薬株式会社からまなべる事

9

明治44年に創業され、大正8年に設立された日本新薬株式会社は、資本金52億円を誇る大企業です。
京都市南区に本社があり、東京や大阪といった大都市に支店を構え、また創薬研究所や工場も所有しています。
アメリカや中国、イギリスに拠点を置いてグローバルな企業活動を行っていますが、その部分から他社がまなべる事はおおいにあるでしょう。
医薬品事業と機能食品事業の2本柱で活動をしていて、特に医薬品に関する部門は長い歴史の中で数々の薬を生み出してきました。
ビダーザ注射用100mg、レグテクト錠333㎎などがよく知られています。
新しい医薬品を生み出す際には、基礎的な研究から始まり、各種試験なども行い、それ以外にも数多くの手順を踏まなくてはいけません。
長い時間をかけて日本新薬株式会社は世の中で活用される様々な製品を誕生させてきました。
長期間にわたる地道な作業が実を結んだ形ですが、この努力からまなぶべきでしょう。

倫理的配慮を行ったうえで研究開発がなされており、肺動脈性肺高血圧症の薬などの独自性ある医薬品の開発が実施されています。
他社とは違った特徴を有している点にもこだわられていて、これもまなびたい事だと思われます。
株式会社東洋新薬も日本新薬株式会社と同じように自社ならではのこだわりを持っていて、特に特定保健用食品に関する分野では日本トップクラスの実績をあげています。
特にトクホの分野はここ最近非常に競争が激しくなっているのですが、株式会社東洋新薬ならではの業務研究開発体制によって、トクホ許可取得数ナンバーワンに輝いています。

もちろん東洋新薬はトクホに関する分野のみならず、その他の健康食品や医薬品、そして化粧品の製造にも注力しています。
そして日本新薬株式会社は、海外展開を行っているのですが、なんと30以上の国とかかわりを持っていて、尚且つ取引企業数は160を超えていて、ワールドワイドな事業展開を可能にしています。
医薬品を海外の企業と取引するだけではなく、健康食品を製造する際に必要な素材の取引、またスパイスなどの輸入にも携わっています。
一つの分野だけにとらわれていない斬新な目の付け所は見習いたい部分ではないでしょうか。
それぞれの企業に魅力はあるのでまなべる事はあるのですが、この企業は特に対外的な魅力あふれるサービスの展開や指針や制度の導入など、今の時代にマッチしている内容の取り組みをしているので今後も注目したいです。

日本化薬株式会社からまなべる事

8

1916年に設立された、東京都千代田区に本社がある日本化薬株式会社は、単体での従業員数が1800名以上いる企業で、医薬品の製造やエポキシ樹脂、紫外線硬化型樹脂、スクイブなどあらゆる製品づくりを行っています。
大きく分類すると「機能化学品」「医薬品」「セイフティシステム」「アグロ」の分野に分けることができ、機能化学品が主力となっています。
しかし医薬品に関する業務も行われていて、特に抗がん剤が有名です。
ブレオマイシンが1969年に開発され、それ以降抗がん剤の発展に寄与してきました。
がん患者のための研究開発に力を入れていて、この姿勢からまなぶことができる点も多いでしょう。
他には日本化薬株式会社はバイオシミラー、ジェネリック医薬品、InterventionalRadiologyの製造に取り組んでいて、医薬品技術の発展に尽力しています。

同社は自社オリジナルの製品づくりを行うだけではなくて、他社から受託を行い、希望に沿った品質の高い薬を製造しています。
原薬や中間体作りにも励んでいて、マルチパーパス製造を可能にする設備を導入している点も注目されています。
高機能な設備の導入によって高品質な医薬品が作られるので、こういった面で日本化薬株式会社からまなべる事はたくさんあります。
日本化薬株式会社は事務所だけでも全国に6か所あり、また工場も6か所あります。
医薬品ばかりを製造しているわけではありませんが、それ以外にも研究所を複数設けており、幅広い規模の事業を実現させています。
医薬品以外の製造も手掛けている企業と言えば株式会社東洋新薬も連想され、ここではいま話題になっている特定保健用食品や機能性表示食品、また化粧品の製造も行っています。

株式会社東洋新薬は独自の人材観を有していて、勤務している従業員が働きやすい環境づくりがなされています。
医薬品製造を行うということは、単純に企業として利益を追求するだけではなく、医療の世界に貢献をすることも大切になってきます。
これらを可能にしているのが東洋新薬であり、日本化学株式会社なのです。
ちなみに日本科学株式会社では、動物に関する忌避剤や害虫防除のための薬、さらに農薬の開発や製造にも携わっています。
経済的な責任や社会的な責任に関しても積極的に取り組む姿勢が見え、この点からまなぶ事は多いと思われます。
海外に事業所などを設けてはいないようですが、多種多様な事業を展開していることからも、ワールドワイドな活動には対応できそうです。

日本ケミファ株式会社からまなべる事

7

日本ケミファ株式会社は1950年に設立された、東京都千代田区に本社を置く企業です。
日本全国各地に約20の支店や営業所を設けており、また埼玉県に創薬研究所や物流管理センターがあります。
日本だけではなくて海外進出も果たしており、北京には現地事務所を構えています。大きく分けて3つの事業を手掛けています。
「医薬品関連」「臨床検査薬関連」そして「ヘルスケアに関するもの」で、特に力が入れられているのは医薬品部門です。
日本ケミファ株式会社では、まさに今成長真っ只中と言えるジェネリック医薬品の開発を行っています。
先発医薬品にはないメリットを発揮している分野ですので、ジェネリック医薬品を求めている患者や医療関係者は多いです。
これに注力している点も他の会社はまなぶべきで、ニーズが増してきたものを事業内容に取り入れるというのは重要なことです。
さらに新薬開発もこの企業の魅力で、すでに数多くの新薬を開発しており、世の中に流通しています。

新薬の開発は製薬会社にとっては最も重要な部分と言っても過言ではなく、それを行うために同社では研究開発を積極的に行っています。
脂質代謝改善剤、神経障害性疼痛治療薬、高尿酸血症治療剤といった医薬品の開発にも従事しており、動物実験を行う際には動物に対して配慮をしっかりと行った形で実施しています。
今頃はこういった試みを実践する企業は多いですが、日本ケミファ株式会社のこういった姿勢についてはしっかりと見習うべきで、まなべる事でもあります。
他社が日本ケミファ株式会社からまなべる事は実は数多くあり、一例を紹介します。

まずはつや消しされたPTPシート(ユニバーサルデザイン)を用いているため、多くの患者の人たちが薬の把握をしやすくなっています。
また曝露防止が施されている薬の存在や錠剤デザインにもこだわりを見せています。
こういった小さな配慮が結果的に患者のためになるので、このような点をしっかりとまなぶべきでしょう。
細かな事業内容は異なりますが、製薬会社の株式会社東洋新薬も品質へのこだわりを見せていて、OEM分野に進出したこともあってより企業として大きな成長を遂げています。
医薬品を製造する際には機能性の高い設備が必要になりますが、株式会社東洋新薬においては国内トップクラスの機器を導入しています。
様々な製品の開発ができるようになっており、医薬品をはじめ、健康食品や化粧品などの製造にも携わっています。

日本アルコン株式会社からまなべる事

6

日本アルコン株式会社は東京都港区に本社を置く企業で、眼に関する医療アイテムの提供などを行っています。
特にコンタクトレンズを使用している人にとっては馴染み深い企業で、コンタクトレンズにはじまり、それをケアするための用品、また眼科で用いられる医薬品の開発にも従事しており、眼に関する医療の世界でトップクラスの実績や信頼度を誇っています。
近頃はコンタクトレンズを着用する人たちが増えているため、同社に対する興味はどんどん大きくなるでしょう。
日本全国に数多くある製薬会社は、一つの分野に特化しているケースもありますが、大抵の場合はトータル的な事業展開を行っています。
しかし日本アルコン株式会社は上記のように眼に関するアイテムに特化しており、プロフェッショナル的な存在となりました。
ひとつの分野に集中して研究をすることで得られるメリットは大きいため、場合によっては他社もまなぶべきでしょう。

日本アルコンにとっての主力商品といえば間違いなくコンタクトレンズで、1日用の使い捨てレンズや乱視用、遠近両用など、数多くのラインナップがあり、10以上の商品数を誇っています。
近頃利用する人が増えてきたカラーコンタクトレンズも取り扱っていて、時代が求めるニーズに事細かに応えている様子がうかがえます。
用意されているコンタクトレンズはそれぞれ独自の特徴を有しているため、自らの眼の状態に合わせたレンズ選びが可能になります。
コンタクトレンズを愛用する人のことを真剣に考えたからこそ可能になる製品づくりを行っていて、この研究開発のやり方については日本アルコンからまなべる重要な事柄だといえます。
株式会社東洋新薬も様々な強みを持っている企業で、たびたびメディア掲載もされています。
各地方自治体との連携も積極的にとるようにしていて、ついには「知財功労賞」の特許庁長官表彰を受けるに至っています。

日本アルコン株式会社も株式会社東洋新薬も両方ともそれぞれ違った魅力を備えており、独自の事業展開、社会貢献を行っているのです。
日本アルコン株式会社はコンタクトレンズをはじめとした眼に関する事業を行うパイオニア企業として圧倒的な存在感を示しています。
コンタクトレンズを活用する人であれば誰もが知っているオプティ・フリーも同社の製品で、そのシェアや機能性の高さは特筆すべき部分です。
研究支援活動、体験学習など、企業の社会的責任を様々な方法で実現させようとする姿勢もとても素晴らしく、勉強になる部分は多いでしょう。

日医工株式会社からまなべる事

5

日医工株式会社は富山県富山市にある医薬品メーカーです。
ジェネリック医薬品では最大手の企業であり、国内では圧倒的なシェアを占めています。
1965年に設立された日本医薬品工業株式会社が母体で、2005年に現在の社名へと改称されています。
日医工株式会社は株式会社東洋新薬と同様に、品質にこだわりを持っているメーカーです。
株式会社東洋新薬の場合はODEMによって高い品質の製品を作り上げていますが、日医工株式会社も独自の品質方針を策定し、ジェネリック医薬品の製造に反映しています。
日医工株式会社の掲げる品質方針は、主に法令遵守・フィードバック・モニタリングの3つに分類できます。
いずれも基本的なことと言えるかもしれませんが、これらを徹底することが非常に大切なのです。
品質維持のためには様々な施策が必要ですが、日医工株式会社の品質方針からは、物づくりにおける品質についてまなぶことができるでしょう。

医薬品は様々な法令・法律が存在し、道徳や倫理が複雑に絡み合っています。
事業を続ける上で足かせとなるものもありますが、利益のために法を破ることは最もしてはいけないことでしょう。
ユーザーの信頼を裏切り、様々な方面に多大な影響を及ぼします。
しかし、中には法を破って活動している企業も少なからずあります。
日医工株式会社は法令遵守の周知徹底を掲げています。
当たり前のようですが、一番大切なことでもあるのです。
よりより製品を作るために法令を守る、という基本かつ大切なことを、日医工株式会社の品質方針からまなべます。また、消費者からのフィードバックも重視しています。
苦情や要望、ニーズなどを聞き、それを製品に反映することは品質維持のためにも欠かせません。
日医工株式会社は既存製品・新開発の製品に反映することを方針で掲げており、製品づくりに活かしています。
これらの点からは、物づくりの基本をまなぶことができるでしょう。

消費者のニーズを聞き、製品に反映することができなければ、消費者の支持は離れてしまいます。
信頼を裏切る可能性もありますので、日医工株式会社の品質方針からはフィードバックの大切さをまなべます。
そして品質維持のために、日医工株式会社はモニタリングにも力を入れています。
品質方針でも掲げられていますが、事業の長期持続には欠かせない要素です。
ただ意見を反映するだけでなく、監視・維持することで、良い製品づくりに必要なことがまなべます。
モニタリングにはコストがかかりますが、品質の維持には欠かせません。
日医工株式会社の品質方針からは、そのヒントを貰うこともできるでしょう。

東洋新薬からまなべる事

4

株式会社東洋新薬は福岡県福岡市にあるメーカーです。
1993年に設立されて以降、健康食品や化粧品の製造・販売を行っており、現在は特定健康保険食品(トクホ)や機能性表示食品、医薬部外品など、様々な製品を手がけています。
特に化粧品分野では高いシェアを占める企業であり、もう一つの健康食品事業でも、トクホ取得数は他の食品会社を抜き、業界トップの実績になっています。
株式会社東洋新薬は独自のODEMという構想を打ち出しています。
同社はこれまでODMメーカーとして、研究開発を筆頭に業界を牽引してきましたが、更なる発展のためにODMとOEMを組み合わせた「ODEM]メーカーへと変貌しつつあります。
ODEMは新しいビジネスモデルで、株式会社東洋新薬が独自に生み出したものです。
今までのODMは、研究開発に重点を置いたものでした。しかし、そこへOEMの品質とODMで培ったノウハウを組み合わせ、新しいモデルとなったのがODEMです。

健康食品や化粧品業界は、日夜し烈な競争が繰り広げられています。
そのような中で新しい価値と高い品質を持った製品を生み出すためには、研究や品質、新たな物づくりへの挑戦が欠かせません。
株式会社東洋新薬は、このODEM構想によって品質と新たな価値を兼ね備えた製品を生み出そうとしています。
このODEM構想からは、様々なこともまなべます。まず物づくりに対する考え方でしょう。
株式会社東洋新薬は、ODEMによって新しい価値を付加した製品を作り、ユーザーの満足度を高めようとしています。
現在は物づくりが一般化し、新しい製品が生まれる機会は少なくなっています。
OEMとODMの利点を組み合わせたODEMでは、物づくりに対する考え方を改め、本当の意味でユーザーに役立つ製品を生み出す可能性を提供しています。
より品質を高めた製品づくりを行う点でもODEMはまなべる点が多いでしょう。

現在の課題をOEMによって解決し、品質の高い製品を生み出すことによって、ユーザーの満足度が高まります。
株式会社東洋新薬はこうした取り組みにより、更なる高品質の製品を生み出そうとしています。
ODMによって課題を見つけ出し、OEMで解決する流れは、どのような企業にも最適な物づくりの手法と言えます。
株式会社東洋新薬のODEMからはまなべることが様々あります。
特に物づくりに重点を置いている点は、他社もぜひまなぶべきではないでしょうか。

東洋新薬、他一覧ページ

 

株式会社ヤクルト本社からまなべる事

3

株式会社ヤクルト本社は、昭和10年に創業され、昭和30年に設立され、資本金は311億円を超える国内を代表する企業です。
従業員数は約3000名おり、行っている事業内容は多岐にわたっています。
知られている分野といえば食品事業で、乳酸菌飲料として知られるヤクルトやその他の健康飲料や食品の開発や製造に取り組んでいます。
予防医学の面にいち早く注目していましたが、この姿勢からまなべる事も数多くあります。
株式会社ヤクルト本社が手掛けていることの中で他の会社が実践していないことといえば、ヤクルトレディを活用した独自のサービスでしょう。
ヤクルトレディによる配達や営業サービスは他ではあまり見られず、この独特の方法によって大きな発展を遂げました。
乳酸菌飲料のヤクルトの開発のみならず、ヤクルトレディの導入など常に先進的な試みを行っているため、ここからまなべる事もたくさんあるでしょう。

その他に株式会社ヤクルト本社では、化粧品部門も手掛けており、乳酸菌研究によって他社とは全く異なる種類の化粧品をたくさん開発しています。
ヤクルトだからこそ可能な視点によって作られたアイテムは多くの女性に支持されていて、今ではオリジナル成分を開発するまでに至りました。
化粧品事業といえば株式会社東洋新薬も取り組んでおり、三相乳化という技術力を駆使した商品を作り出し、使用する人の肌を第一に考えた成分構成が魅力です。
株式会社ヤクルト本社は上記のほかにも、がんに関する医薬品の製造をしていて、カンプト点滴静注は同社が開発しています。
また整腸剤や便秘薬などの一般的に日常生活で使われる医薬品の開発にも取り組んでおり、多くの人たちの日々の生活を支えています。

ヤクルトのブランドはもはや日本だけのものではなくて、今では世界中にその名前が広がっています。
特に乳酸菌飲料のヤクルトは世界中に愛飲者が多数いて、1日につき3500万本を提供しているのです。
通常の日本企業よりも圧倒的大規模な海外展開を成し遂げているので、世界進出を目指す企業は学びたい部分です。
中央研究所のような施設にて行われている日々の研究が成果となって、多くの人の生活に役立っているのです。
そして佐賀県に本社を置いている株式会社東洋新薬も海外事業力を入れており、日本にはない新たな健康素材の発見に勤しんでいます。
製造体制や品質の良さは自慢であり、他社がまなぶべき点でもあるでしょう。

ユーシービージャパン株式会社からまなべる事

2

ユーシービージャパン株式会社は東京都新宿区に本社を置く企業で、社員数は約400名となっています。
それほど日本人にとって名前が知られた存在ではありませんが、海外から医薬品や医薬部外品の輸入、輸出を行っており、また医薬品類の製造や販売も手掛けています。
透明性ガイドラインを設定していて、患者団体との関係性に透明性を持たせる努力をしている点が評価されていて、数多くの企業の手本としてまなぶべき対象とされています。
患者団体だけではなく医療関係者とも透明性を確保したかかわりを持っており、それによってより良い医療状況の提供につながっています。

ユーシービージャパン株式会社は、中枢神経や免疫、炎症分野関連の医薬品に製造や輸出入に取り組んでいます。
特定の分野に特化するからこそ、その分野における強みを思う存分発揮でき、結果的に世界に誇ることができる製品の製造が可能になります。
バイオファーマリーダーになることを目指していて、それに向けて社員一丸で努力をしている点も好感が持て、他の製薬会社はまなべる事がたくさんあるはずです。
ユーシービージャパン株式会社の親会社はベルギーに本拠地を置く世界的な企業で、バイオファーマ企業として超一流の実績を誇っています。
外資系企業だからこそ可能な強みをたくさん得ている点も魅力で、40カ国をつなぐパイプを有しているため、ワールドワイドな事業展開を行いやすく、世界基準の物事の考え方が可能となっています。

ユーシービージャパン株式会社では、研究開発に対する支援体制も設けており、これは医学や薬学に関する分野における学術研究の支援であり、同社とまったく関係性がない研究機関に対しても支援を行っているというのは見習うべき事が多いといえそうです。
自社にとっての成長だけを考えているわけではなく、医学界や薬学会全体の成長を第一に考えていて、より良い発展が叶うような様々な取り組みを行っています。
まなべる事が多々見られ、掲げている目標や取り組み、契約に関する向き合い方などを参考にしている会社もあります。株式会社東洋新薬も実際に大学と連携を行った上で学習研究を実施しています。
2016年には東京大学との産学連携が実現し、これまでとは異なった新たな創造的な医薬品づくりにつながるでしょう。
製薬会社は患者のため、そして医療分野の発展のために様々な方法で尽力していますが、株式会社東洋新薬も他社に負けないような工夫を凝らしているのです。

ヤンセンファーマ株式会社からまなべる事

1

ヤンセンファーマ株式会社はジョンソン・エンド・ジョンソングループの重要企業で、医薬品の製造を行っており、日本法人となります。
親会社のヤンセンファーマシューティカは世界的企業で、ジョンソン・エンド・ジョンソングループの中核をなしています。
そんなヤンセンファーマ株式会社ですから、有しているノウハウや実績は相当なもので、一般的な日本国内の製薬会社に比べて海外との太いパイプがあるといえます。
その部分からまなべる事も多く、免疫疾患やがん、ワクチンなどの分野に強みを持っており、開発力の高さも魅力です。
例えばバーチャルハルシネーションを作り、統合失調症の症状を実際に体験できる機器も製造しており、啓発活動のためにも使用されています。単純に医薬品を製造するだけでなく、啓発活動にも力を入れている点からはまなぶべき事も多いといえます。
また一般患者やその家族に向けた情報提供サービスにも力を入れており、水虫ちゃんねる、骨髄腫ナビ、慢性白血病・リンパ腫ナビのような情報サイトを作り、正確な情報の伝達に力を注いでいます。

世の中には数々の病気に関する情報をまとめたサイトが多数見られますが、製薬会社自らが作るサイトであればより信頼感も生まれ、医薬品を使用する人たちにとっても喜ばしいことです。
エンドユーザーに対するこのような配慮をすることが製薬業界に求められており、ヤンセンファーマ株式会社からはこの点もまなぶ事ができるでしょう。
公式サイト上にて我が信条を掲げており、そこでは製造する医薬品は患者のみならず、医療関係者や患者の家族などに対して責任をもって製薬をすることを宣言しており、それを実践するために数々の取り組みを行っています。
それだけではなくてヤンセンファーマ株式会社で働いている従業員や社会に対して、そして株主に対してもきちんとした責任を果たすよう努力を怠っていません。
我が信条には外資系企業だからこそ掲げている目標も見られるため、日本国内の製薬会社もこのような部分からまなべる事はとても多いはずです。

株式会社東洋新薬も独自性あふれる事業展開や取り組みを行っている、ユニークな企業です。
特に研究開発の分野においては大きな強みを発揮しており、ニーズのキャッチに長けています。株式会社東洋新薬は時代が求める医薬品やその他の商品を生み出しつづけています。