東洋新薬の職種について(研究開発・生産・品質管理)

東洋新薬では化粧品や健康食品などの多岐に渡る商品の開発と販売を行っていますが、事業として様々な職種があり、そのどの部門でも重要な役割を担っています。そんな東洋新薬の職種の中でも、研究開発・生産・品質管理部門について焦点を当ててご紹介しましょう。

商品開発に密接に結びつく部門

独自の取扱素材にこだわりを持っている東洋新薬では、研究開発部門は必要不可欠な部門でもあります。世界中にある様々な素材の中から、よりニーズに合った素材を見つける素材開発から商品化までのすべてのプロセスに携わる部門でもあり、東洋新薬の原動力にもなっているのではないでしょうか。

国内外において、機能性の高い素材を探し、発見された素材を付加価値の高い原料として育て上げ、学会発表などを通じて発信します。学術的な裏付けでより信頼される高品質な素材の研究開発を進めているのです。

品質にこだわるために重要な部門

生産部門は、品質にこだわりを持っている東洋新薬が最も大切にしている部門と言っても過言ではありません。東洋新薬では、徹底して高品質にこだわり、自社素材はもちろんどんな原料であっても厳しい基準をクリアした素材のみを採用し、高品質かつ安心・安全な商品を開発しているのです。そんな中で、生産管理も重要な役割となります。

様々な商品を製造している東洋新薬では、商品の仕様や特性、納期などを分類し、スケジュールの調整と計画が必須です。原料を収穫し、商品として出荷するまで、生産部門が携わる役割は広範囲となっているのは特徴です。

信頼と責任を担うスペシャリスト

東洋新薬の品質管理部門は、商品の品質を保証し、顧客の信頼と責任を担う部署となっています。そのため、商品一つひとつの品質に自信を持ち、提供するべく厳しい検査を行い、分析し、改善するという工程を繰り返し行っているのです。

最終チェックに至るまで、品質に問題がないかしっかりと見極め、世に送り出すための準備と工場全体品質も守ることが品質管理部門の役割なのです。多方面から見て、より高品質な商品が顧客の手元に届けられるよう、さらなる品質保証を実現するために取り組んでいると言えるでしょう。

東洋新薬は、様々な役割を担う職種がありますが、研究開発・生産・品質管理のそれぞれの部門も非常に重要な部署となっています。品質にこだわる東洋新薬が、顧客に安心して高品質な商品を届けられるよう事業を展開するためには、これらの職種が必要不可欠となっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です