東洋新薬の職種について(営業・企画・管理部門)

東洋新薬では、医薬部外品をはじめ、健康食品や化粧品などの様々な商品の研究や開発、販売を行っている企業です。そんな東洋新薬の営業・企画・管理部門の職種はどのようなことを主に行っているのでしょうか。

クライアントのニーズに沿う事業展開

東洋新薬の営業部門では、取引先の事業に合わせて、ニーズに合った新商品や事業をプロデュースするべく提案型の営業を主に行っているのが特徴です。営業部門の拠点としては、東京・大阪・福岡が主となっています。

営業部門は、健康食品や化粧品を販売する会社であればすべて取引可能と考えており、クライアント自身が気付かないようなニーズを発掘し、提案していくよう努めているのです。商品企画から事業開発まで、営業部門では、東洋新薬の事業展開の上で欠かせない部門の1つと言えるでしょう。

企画立案から仕上げまで

企画部門では、営業部門にて決定した商品のコンセプトや特徴、処方などに基づき、パッケージや商品名などの細部までをこだわりながら作成していきます。企画においては、常に新しい商品を提案するべく、変わりゆく市場調査を欠かしません。市場規模や業界動向、企業情報などを収集し、販売企画書を作成するのです。また、販売促進においてポイントとなる臨床実験なども顧客に提供し、販促ツールなどの制作支援も行っています。

管理部門の取り組み

東洋新薬において、管理部門は事業展開で重要な役割を担っています。会社・組織としてのコンプライアンスや財務管理、企業活動における重要な役割によって構成されているのが管理部門で、人事部、法務部、財務・経理部などで構成されています。

人事部は人材育成をはじめ、社員一人ひとりが働きやすい環境と制度づくりや人材戦略なの立案などを行います。企業活動全般において東洋新薬独自の権利を守り、事業が法令などのルールに沿って行われているか管理するのが法務部です。クライアントとの交渉サポートやトラブル解決なども行います。財務・経理部においては、具体的な数値で決算書の作成を行い、企業活動のサポートをする部署となっています。企業として必要不可欠な部門であり、資金管理を中心とした財務業務や税務申告業務など、多岐に渡って管理会計業務を担っているのです。

東洋新薬には様々な職種が存在しますが、そのどれもが企業としての重要な役割を担っていることがわかります。東洋新薬はより高品質で安定性のある商品開発や提供に力を入れていますが、こうした役割を担う人たちがいて初めて実現できるのだと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です