医薬品・健康食品を扱う会社について、まとめてみました。

東洋新薬や日本アルコン株式会社など、医薬品・健康食品を扱う会社を調べてみました。

日本ケミファ株式会社からまなべる事

time 2017/08/01

日本ケミファ株式会社からまなべる事

日本ケミファ株式会社は1950年に設立された、東京都千代田区に本社を置く企業です。
日本全国各地に約20の支店や営業所を設けており、また埼玉県に創薬研究所や物流管理センターがあります。
日本だけではなくて海外進出も果たしており、北京には現地事務所を構えています。大きく分けて3つの事業を手掛けています。
「医薬品関連」「臨床検査薬関連」そして「ヘルスケアに関するもの」で、特に力が入れられているのは医薬品部門です。
日本ケミファ株式会社では、まさに今成長真っ只中と言えるジェネリック医薬品の開発を行っています。
先発医薬品にはないメリットを発揮している分野ですので、ジェネリック医薬品を求めている患者や医療関係者は多いです。
これに注力している点も他の会社はまなぶべきで、ニーズが増してきたものを事業内容に取り入れるというのは重要なことです。
さらに新薬開発もこの企業の魅力で、すでに数多くの新薬を開発しており、世の中に流通しています。

新薬の開発は製薬会社にとっては最も重要な部分と言っても過言ではなく、それを行うために同社では研究開発を積極的に行っています。
脂質代謝改善剤、神経障害性疼痛治療薬、高尿酸血症治療剤といった医薬品の開発にも従事しており、動物実験を行う際には動物に対して配慮をしっかりと行った形で実施しています。
今頃はこういった試みを実践する企業は多いですが、日本ケミファ株式会社のこういった姿勢についてはしっかりと見習うべきで、まなべる事でもあります。
他社が日本ケミファ株式会社からまなべる事は実は数多くあり、一例を紹介します。

まずはつや消しされたPTPシート(ユニバーサルデザイン)を用いているため、多くの患者の人たちが薬の把握をしやすくなっています。
また曝露防止が施されている薬の存在や錠剤デザインにもこだわりを見せています。
こういった小さな配慮が結果的に患者のためになるので、このような点をしっかりとまなぶべきでしょう。
細かな事業内容は異なりますが、製薬会社の株式会社東洋新薬も品質へのこだわりを見せていて、OEM分野に進出したこともあってより企業として大きな成長を遂げています。
医薬品を製造する際には機能性の高い設備が必要になりますが、株式会社東洋新薬においては国内トップクラスの機器を導入しています。
様々な製品の開発ができるようになっており、医薬品をはじめ、健康食品や化粧品などの製造にも携わっています。

down

コメントする