医薬品・健康食品を扱う会社について、まとめてみました。

東洋新薬や日本アルコン株式会社など、医薬品・健康食品を扱う会社を調べてみました。

東洋新薬からまなべる事

time 2017/08/01

東洋新薬からまなべる事

株式会社東洋新薬は福岡県福岡市にあるメーカーです。
1993年に設立されて以降、健康食品や化粧品の製造・販売を行っており、現在は特定健康保険食品(トクホ)や機能性表示食品、医薬部外品など、様々な製品を手がけています。
特に化粧品分野では高いシェアを占める企業であり、もう一つの健康食品事業でも、トクホ取得数は他の食品会社を抜き、業界トップの実績になっています。
株式会社東洋新薬は独自のODEMという構想を打ち出しています。
同社はこれまでODMメーカーとして、研究開発を筆頭に業界を牽引してきましたが、更なる発展のためにODMとOEMを組み合わせた「ODEM]メーカーへと変貌しつつあります。
ODEMは新しいビジネスモデルで、株式会社東洋新薬が独自に生み出したものです。
今までのODMは、研究開発に重点を置いたものでした。しかし、そこへOEMの品質とODMで培ったノウハウを組み合わせ、新しいモデルとなったのがODEMです。

健康食品や化粧品業界は、日夜し烈な競争が繰り広げられています。
そのような中で新しい価値と高い品質を持った製品を生み出すためには、研究や品質、新たな物づくりへの挑戦が欠かせません。
株式会社東洋新薬は、このODEM構想によって品質と新たな価値を兼ね備えた製品を生み出そうとしています。
このODEM構想からは、様々なこともまなべます。まず物づくりに対する考え方でしょう。
株式会社東洋新薬は、ODEMによって新しい価値を付加した製品を作り、ユーザーの満足度を高めようとしています。
現在は物づくりが一般化し、新しい製品が生まれる機会は少なくなっています。
OEMとODMの利点を組み合わせたODEMでは、物づくりに対する考え方を改め、本当の意味でユーザーに役立つ製品を生み出す可能性を提供しています。
より品質を高めた製品づくりを行う点でもODEMはまなべる点が多いでしょう。

現在の課題をOEMによって解決し、品質の高い製品を生み出すことによって、ユーザーの満足度が高まります。
株式会社東洋新薬はこうした取り組みにより、更なる高品質の製品を生み出そうとしています。
ODMによって課題を見つけ出し、OEMで解決する流れは、どのような企業にも最適な物づくりの手法と言えます。
株式会社東洋新薬のODEMからはまなべることが様々あります。
特に物づくりに重点を置いている点は、他社もぜひまなぶべきではないでしょうか。

down

コメントする